不動産を借りる時に必要なこととは

不動産を借りる場合には、個人間で借りることもあるかもしれませんが、多くの場合は不動産会社に依頼することになるはずです。
不動産会社で賃貸住宅を借りる場合に関しては、まず年収があることが必要になります。
年収は高ければよいわけではありませんが、最低でも200万円ぐらいあった方が選べる住宅が増えてくるでしょう。
基本的に 1年間の家賃が年収の3分の1で収まるように設定してあるのが基本です。
つまり年収200万円の場合はその3分の1を超える家賃の場合は貸してくれることがありません。
そうすると必然的に選択できる物件が少なくなるでしょう。
不動産の中にも、保証人は必要のないところもありますが基本的には保証人が必要になります。
保証人が必要な理由は、もし借り主が家賃を払わない場合やどこかに逃亡してしまった場合オーナーが損をしてしまうからです。
そのため、身内で誰か一人保証人になってくれる人を探しておかなければならないでしょう。

最新の新築データ
会員以外には非公開の新築物件情報を登録者だけにお届けします!

川崎の新築一戸建て情報を網羅

王子周辺で希望条件からお部屋探しをするエキスパート

賃貸のお部屋探し|ハウス・トゥ・ハウス板橋区役所前店

新生活を始めるならハウストゥハウスへご相談ください

最新投稿